同じ学年の子より我が子がひと回り小さい。

そんな悩みを抱えているお母さん。

身長は子供の成長を目で見て確認できる目安なので、どうしても他の子達と比較してしまいがちですね。

でも大丈夫。原因がわかれば、まだまだ伸びる可能性があります。

学年ごとの身長目安

小学生の身長
わたしの身長や体重は平均以上?平均以下?

中学生や高校生のとき、一度は気にして調べませんでしたか?

自分の身長や体重に不安を持ったことがある人は、自分に子供にも不安を感じてしまうものです。

親として、最初に子供の成長が気になる時期は小学校3年生ぐらい。

3年生、4年生になると、子ども達も成長が加速するので参観や運動会などのイベントで違和感を覚えます。

「うちの子、みんなより背が低いんじゃないかな?」

自分の子どもの身長が他の子ども達と同じように伸びていないことがわかると不安になりますよね。

焦る前に、子どもの身長のことをポイント整理しておきましょう。

-平均身長を理解するためのポイント-

  • 小学生男女の平均身長
  • 中学生男女の平均身長
  • 高校生男女の平均身長

小学生男女の平均身長

日本人の年齢別平均身長は、厚労省が実施している国民健康・栄養調査のデータに記載されていますので一つの目安となります。

小学生から高校生までの年齢(学年)別平均身長は次の通りです。

満年齢 学年 男性平均身長 女性平均身長
7歳 小学1年生 121.3 cm 122.0 cm
8歳 小学2年生 127.7 cm 126.7 cm
9歳 小学3年生 134.9 cm 134.2 cm
10歳 小学4年生 137.4 cm 138.3 cm
11歳 小学5年生 144.4 cm 148.1 cm
12歳 小学6年生 150.8 cm 149.5 cm

※引用元:厚生労働省平成29年国民健康・栄養調査

中学生男女の平均身長

満年齢 学年 男性平均身長 女性平均身長
13歳 中学1年生 158.0 cm 154.7 cm
14歳 中学2年生 165.4 cm 157.4 cm
15歳 中学3年生 168.4 cm 157.2 cm

※引用元:厚生労働省平成29年国民健康・栄養調査

高校生男女の平均身長

満年齢 学年 男性平均身長 女性平均身長
16歳 高校1年生 170.4 cm 157.7 cm
17歳 高校2年生 171.9 cm 159.1 cm
18歳 高校3年生 168.9 cm 155.5 cm

※引用元:厚生労働省平成29年国民健康・栄養調査

いかがでしたか?

あなたのお子さんは、平均身長に達していましたか?

小学生から高校生の中でも、特に小学生の間が重要です。

平均身長に達していない場合、次のことが考えられますので対策を考えてみましょう。

子供の身長の伸びを阻害する3つの原因

子供の身長 伸びる
子どもは外で遊ぶのが仕事。

子どもにとって、適度な睡眠、食事などの規則正しい生活に加えて外で遊ぶことも成長の重大要素です。

ですが、外で遊ぶだけでは身長は伸びません。

もし、子供の身長が伸び悩んでいるとき、次のようなことが原因として考えられます。

  • ホルモン不足
  • ストレス
  • 栄養不足

これらが子供の発育に悪影響があり、長期間継続すると子ども固有の成長ラインを完全に達成できていない状態のまま成長期が終了してしまいます。

原因1:ホルモン不足

子供の身長が同学年の子どもたちよりも極端に低いと感じたら、一度専門の病院に行って診察してもらうことも検討しましょう。

ホルモン測定検査で『成長ホルモンが不足している』と診断された時は、ホルモン注射などで成長を促進させる必要があります。

成長ホルモンの量や質は遺伝的なものが強いため、改善するには医学での治療が必要です。

原因2:ストレス

最近は家庭環境や学校の環境に強くストレスを感じる子供も増えています。

ストレスは人間の心身に様々な悪影響を与えます。

例えば、圧迫される環境と開放的な環境では、やはりストレスの無い開放的な環境が子供の発育に適しています。

子供の身長が気になる方は、子供が心身ともにリラックスできるような環境作りを心がけることも大切です。

原因3:栄養不足

子供の身長が伸びるのを阻害する最大の原因は栄養不足です。

栄養の偏りや、量が不足している食事は、栄養バランスが崩れ発育に悪影響となります。

特に、シングル家庭や共働き家庭で子どもが1人で食事をする環境の場合、食事の適量がわからなくなってしまっている場合もあります。

子どもが大きくなるための基本はしっかりと食べること。

「両親が少食だから、それに合わせて子どもも少食になっていた」

「食事を作る時間がなく、いつもコンビニやスーパーのお惣菜を置いていた」

このようなことは、子供の発育とって大きな妨げになります。

もちろん、ジャンキーなものを過剰摂取すると肥満の元となりますが、食事の質が良いものであれば多少ぽっちゃりしている方が成長の限界値が高くなる可能性があります。

親が少食の場合は、子どもにも同じように少ない量の食事しか食卓に並ばないことが多く、そもそも量を食べることができません。

その結果、内臓の稼働も減り体全体の成長が遅れる原因となってしまいます。

成長ラインを100%引き出す方法

子どもの身長は、遺伝だけでなく食事の他、生活環境や周りからのストレス、運動量など様々な要素が絡み合って伸びていきます。

子どもが本来持っている成長の可能性を引き出してあげるのも親の役目。

特に、子供の身長を最大限伸ばすために、必要と考えられる栄養をしっかりと摂らせてあげられるようにしましょう。

そして、食事だけでは不安と感じる場合は、以下のような栄養補助食品などを摂ることも子どもの身長を伸ばすための良い手段となります。

親として子どもの将来が不安なら、いまできることは全部試しておきましょう。

気がついた時になるべく早くから動くことが子どもの未来を作ります。

アスミール
5

子供の成長を助けるアスミール。
購入者の70%が選ぶのは特典付きの定期購入です!
初月分は50%オフ。
更に送料も無料。
ココアやピーチ味など4種類があり、専用シェイカーなどで混ぜて簡単に飲めます。
子供の成長を助けるならアスミールがおすすめです。

セノビーム
4

子供の成長に特におすすめ。
必要な栄養素アルギニンとBCAAを多く含み、おやつ感覚で食べやすい子ども用のサプリメント。
特にアルギニンは成長ホルモンの分泌を促す大切な成分です。
成長期に必要な栄養を確実に取ることができるのでおすすめです。