身長HELP

口コミで評判の子供の身長サプリで効果を出すために必要なこと

同じ学年の子より我が子がひと回り小さい。

そんな悩みを抱えているお母さん。

身長は子供の成長を目で見て確認できる目安なので、どうしても他の子達と比較してしまいがちですね。

でも大丈夫。原因がわかれば、まだまだ伸びる可能性があります。

学年ごとの身長目安

子供の身長伸び悩み

子供の身長が伸び悩んでいませんか。

わたしの身長や体重は平均以上?平均以下?

中学生や高校生のとき、一度は気にして調べませんでしたか?

自分の身長や体重に不安を持ったことがある人は、自分に子供にも不安を感じてしまうものです。

親として、最初に子供の成長が気になる時期は小学校3年生ぐらい。

3年生、4年生になると、子ども達も成長が加速するので参観や運動会などのイベントで違和感を覚えます。

「うちの子、みんなより背が低いんじゃないかな?」

自分の子どもの身長が他の子ども達と同じように伸びていないことがわかると不安になりますよね。

焦る前に、子どもの身長のことをポイント整理しておきましょう。

  • 小学生男女の平均身長
  • 中学生男女の平均身長
  • 高校生男女の平均身長

小学生男女の平均身長

日本人の年齢別平均身長は、厚生労働省平成29年国民健康・栄養調査のデータに記載されていますので一つの目安となります。

小学生から高校生までの年齢(学年)別平均身長は次の通りです。

満年齢 学年 男性平均身長 女性平均身長
7歳 小学1年生 121.3 cm 122.0 cm
8歳 小学2年生 127.7 cm 126.7 cm
9歳 小学3年生 134.9 cm 134.2 cm
10歳 小学4年生 137.4 cm 138.3 cm
11歳 小学5年生 144.4 cm 148.1 cm
12歳 小学6年生 150.8 cm 149.5 cm

中学生男女の平均身長

満年齢 学年 男性平均身長 女性平均身長
13歳 中学1年生 158.0 cm 154.7 cm
14歳 中学2年生 165.4 cm 157.4 cm
15歳 中学3年生 168.4 cm 157.2 cm

高校生男女の平均身長

満年齢 学年 男性平均身長 女性平均身長
16歳 高校1年生 170.4 cm 157.7 cm
17歳 高校2年生 171.9 cm 159.1 cm
18歳 高校3年生 168.9 cm 155.5 cm

いかがでしたか?

あなたのお子さんは、平均身長に達していましたか?

小学生から高校生の中でも、特に小学生の間が重要です。

平均身長に達していない場合、次のことが考えられますので対策を考えてみましょう。

子供の身長の伸びを阻害する3つの原因

子供の身長 伸びる

子供はのびのびと過ごせる環境が一番大切です。

子どもは外で遊ぶのが仕事。

子どもにとって、適度な睡眠、食事などの規則正しい生活に加えて外で遊ぶことも成長の重大要素です。

ですが、外で遊ぶだけでは身長は伸びません。

もし、子供の身長が伸び悩んでいるとき、次のようなことが原因として考えられます。

  • ホルモン不足
  • ストレス
  • 栄養不足

これらが子供の発育に悪影響があり、長期間継続すると子ども固有の成長ラインを完全に達成できていない状態のまま成長期が終了してしまいます。

原因1:ホルモン不足

子供の身長が同学年の子どもたちよりも極端に低いと感じたら、一度専門の病院に行って診察してもらうことも検討しましょう。

ホルモン測定検査で『成長ホルモンが不足している』と診断された時は、ホルモン注射などで成長を促進させる必要があります。

成長ホルモンの量や質は遺伝的なものが強いため、改善するには医学での治療が必要です。

原因2:ストレス

最近は家庭環境や学校の環境に強くストレスを感じる子供も増えています。

ストレスは人間の心身に様々な悪影響を与えます。

例えば、圧迫される環境と開放的な環境では、やはりストレスの無い開放的な環境が子供の発育に適しています。

子供の身長が気になる方は、子供が心身ともにリラックスできるような環境作りを心がけることも大切です。

原因3:栄養不足

子供の身長が伸びるのを阻害する最大の原因は栄養不足です。

栄養の偏りや、量が不足している食事は、栄養バランスが崩れ発育に悪影響となります。

特に、シングル家庭や共働き家庭で子どもが1人で食事をする環境の場合、食事の適量がわからなくなってしまっている場合もあります。

子どもが大きくなるための基本はしっかりと食べること。

「両親が少食だから、それに合わせて子どもも少食になっていた」

「食事を作る時間がなく、いつもコンビニやスーパーのお惣菜を置いていた」

このようなことは、子供の発育とって大きな妨げになります。

もちろん、ジャンキーなものを過剰摂取すると肥満の元となりますが、食事の質が良いものであれば多少ぽっちゃりしている方が成長の限界値が高くなる可能性があります。

親が少食の場合は、子どもにも同じように少ない量の食事しか食卓に並ばないことが多く、そもそも量を食べることができません。

その結果、内臓の稼働も減り体全体の成長が遅れる原因となってしまいます。

成長ラインを100%引き出す方法

子どもの身長は、遺伝だけでなく食事の他、生活環境や周りからのストレス、運動量など様々な要素が絡み合って伸びていきます。

子どもが本来持っている成長の可能性を引き出してあげるのも親の役目。

特に、子供の身長を最大限伸ばすために、必要と考えられる栄養をしっかりと摂らせてあげられるようにしましょう。

そして、食事だけでは不安と感じる場合は、以下のような栄養補助食品などを摂ることも子どもの身長を伸ばすための良い手段となります。

親として子どもの将来が不安なら、いまできることは全部試しておきましょう。

気がついた時になるべく早くから動くことが子どもの未来を作ります。

栄養補給を考えたとき、サプリメントに依存していませんか?

なかには、サプリメントを摂れば身長が伸びると誤解してしまっている方も多いようです。

ここでは、子供にサプリメントを与える本当の目的と、身長への影響について紹介していきます。

サプリメントの役割とは

サプリメント

サプリメントの本来の役割を考えてみましょう。

サプリメントは、健康食品に分類されるもので、濃縮したビタミンやミネラルなどをカプセルや錠剤にすることで、必要な栄養を通常の食品よりも効率よく摂ることを目的としたものです。

普段の生活の中で、通常の食事だけで1日に必要な栄養全てを完璧に摂ることは難しいのではないかと思います。

栄養士など、栄養や食に関する専門家によるアドバイスがあり、毎食揃えることができる家庭は少ないのではないでしょうか。

そんな時にサプリメントを使用すれば、不足しがちな栄養を効率よく摂ることができるので、普段の食生活で栄養摂取に不安がある方にとっては便利なものと言えます。

医薬品との違い

サプリメントと医薬品では、明確に目的の違いがあります。

簡単に言えば、サプリメントは『食べ物』であり、医薬品は『薬』です。

医薬品は、身体の機能や構造に影響を与えるもので、人や動物の疾病を診断したり治療したり予防することを目的に使われるものです。

一方、サプリメントは、栄養成分の補給を目的とした補助食品です。

医薬品ではないので、効果効能について表示することはできません。

極端に言えば、サプリメントは、普通の食品をカプセルや錠剤などの違う形態に変えたものということになります。

子供の成長に対するサプリと薬の誤解

もし、成長が病気や障害によって阻害されているのであれば、薬を使用する必要があります。

この場合は、いくらサプリメントを使用しても改善の効果が得られるとは考えられません。

成長の促進効果があるとと表示されているサプリメントも同じです。

病気や障害は身体的な構造や機能の疾患となるので、サプリメントを与えたところで無意味、もしくは過剰摂取などが原因で状態が悪化してしまう可能性があります。

逆に、病気ではない場合には薬は使えませんので、サプリメントが役に立つ可能性があります。

どちらが必要かを知るためには、まずは成長が遅れていると感じた段階で原因を解明することが求められます。

要するに、病院へ行って診断を受けるということです。

それをしないうちからサプリメントを摂取することは正しくない選択です。

子供にサプリメントを与えて成長を改善するためには、まずは成長の阻害となっている原因が、病気などによる成長ホルモンの分泌不足でないことを確認することが前提となります。

子供の成長を目的としたサプリの必要性

病気が原因で成長ホルモンの分泌が少ない場合は、サプリメントで治療することはできません。

病気の治療はできませんが、サプリメントは栄養の摂取を補助するためのものですので、成長に必要な栄養を摂るための手段として使うのは有効であると考えられます。

大人でも、1日に必要な栄養を全部摂ろうと考えると難しいので、成長期において様々な栄養をバランス良く摂ることが求められる子供の栄養摂取は更に難しいのではないでしょうか。

普段の食事だけでは必要な栄養摂取に足りないこともありますので、それを補充するためにサプリメントを使用しましょう。

サプリと子供の成長との関連について

サプリと子供の成長

体の成長は、サプリメントによるものではありません。

子供の成長に関して勘違いしてはいけないことは、サプリによって体が成長しているわけでは無いということです。

身長が伸びる効果があるサプリを使ったとしても、サプリによる直接的な効果で身長が伸びるわけではありません。

一般的に、子供の身長が伸びるのためには、『栄養』『運動』『睡眠』の3つが揃っている必要があります。

サプリメントは、この3つの要素の中で、『栄養』を担います。

ですが、栄養摂取の基本は食事です。普段の食事が栄養摂取の基本となることを忘れてはいけません。

子供の成長におけるサプリメントの役割はあくまで、食事の補助としての栄養補給。

その結果、充分な栄養を確保することができるため、成長に繋がります。

子供の成長とサプリメントは、『食事で摂りきれない栄養をサプリで補うことで、成長に必要な栄養が充分に体に行きわたり、更に運動と睡眠によって筋肉や体組織が発達する』という間接的ですが深い関連性を持っていると言えます。

大切なのは、普段の栄養が不足している場合に補助的な役割としてサプリメントや栄養補助食品を食べることが理想的です。

子どもの体の成長を少しでも手助けしたい。

大切なのはその気持ち。

忙しい中で、どれだけ気を付けても栄養は不足しがち。そんな状況を変えるにはサプリの力を借りるのも一つの手段です。

子供に必要な栄養とサプリメントについて

子供の栄養とサプリ

子供の栄養とサプリの関係とは。

子どもが生活していく中で十分な栄養を摂ることって意外と難しいですね。

必要な物であることはわかっていても、毎日忙しい中で3食全てで栄養バランスを完璧に考えた食事を用意することは大変です。

特に、最近では共働き家庭や、シングル家庭が増えているのでどうしても食事作りにたくさんの時間を費やすことができません。

食事を考える時間が減ると栄養が偏った食事になりがちではありませんか?
大人が栄養不足であることを感じた時、どうしていますか?

>タンパク質、ビタミン、鉄分、亜鉛など、食事だけでは取りにくい栄養素を補充するために使っているのはサプリメントです。

食事の前後でたくさんの種類をまとめて飲んでいる人も居ますよね。これは食事では不足しがちな栄養分をサプリで補おうとしています。

アスリートや、プライベートジムに通う人以外で、自分たちの食事のために栄養士などに食事を管理してもらっている大人は少ないはず。

好きな物を食べることが多い現代の食事では本当に十分な栄養を全てカバーするにはサプリメントを頼るのがイチバンの選択なのです。

子どものサプリメント

成長の過程で体が形成されていく小学生から高校生の期間は、栄養素を最も必要とする時期です。

この期間にしっかりと栄養を摂ることができるかどうかで成人した時の体格に大きな違いが生まれてしまいます。

30年前に比べると、最近は小学校でも給食が無くなり、お弁当制になっているところもあります。

給食の質が問題になることもあり、今まで給食で補われていた栄養も不足しがちになっている現状があります。

子どもの成長が遅い。

身長の伸びが他の子ども達よりも遅れている。

そのように感じた時にまず対策できるところは栄養です。

徹底した栄養管理ができるのであれば必要ありませんが、なかなか難しいのではないでしょうか。

最も簡単にできることは、子どもの成長に適したサプリメントを使うことです。

セノビームおすすめの理由

セノビーム 成長

セノビームのおすすめポイントはこちら。

子どもの体の成長には、栄養睡眠運動の3つの要素が必要です。

この中でも特に気を付ける必要があるものが栄養です。

運動も、睡眠も成長するためには当然必要なのですが、成長するための栄養が足りなければ、どれだけ寝ても運動しても大きな変化は現れません。

むしろ、足りない栄養を筋肉から補ってしまうなど逆効果になってしまいます。

そんな子どもの成長に必要な栄養を確実に補充するためには、栄養サプリがおすすめ。

その中でもセノビームは今までもたくさんの人が使用してきたおすすめの子ども栄養サプリメント。

理由1.栄養素

セノビームには、骨や体を形成するカルシウムだけでなく、成長に欠かせない隠れた2大栄養素のアルギニンBCAAが含まれています。

カルシウムは、単体では効果を発揮しません。

タンパク質や他の栄養素と一緒に摂ることで成長に繋がります。

アルギニン

アルギニンは、魚介類、肉、大豆、ナッツ、レーズンなどに多く含まれる成分で、成長ホルモンの分泌を促し筋肉や骨を強くする力があります。

BCAA

BCAAは、運動によるタンパク質の分解を防ぎ、疲労回復する力があります。

体内で生成できないものなので、食事やサプリで摂る必要がある成分です。

その他特徴的な栄養素

アルギニンやBCAAのほかに、カルシウム、DHA、ボーンペップ、植物発酵エキスなど4つの栄養素が詰まっています。

これらは体の外面だけでなく、体内の成長に欠かせない栄養素です。

理由2.品質

セノビームの品質は、無添加、ノンカフェインと子どもが食べるものとしての配慮が詰まっています。

更に、放射能検査もクリア済み。

国内工場での生産なので、海外のサプリメントが不安な方にとっても安心です。

理由3.特典と買い易さ

サプリメントは高額になりがちですが、例えばホルモン注射などをした場合、1回の治療に数万円かかります。

更に、毎回注射の摂取が必要となると心身への負担が少なからず出てしまいます。

それに比べると、サプリメントは子どもの負担を考えてもサプリメントは後悔しない手段と言えます。

セノビームは、初回は送料無料で価格も80%OFF、30日間の全額保証付き、規定回数受け取り以降はいつでも休止・再開が自由!

お届け日も自由に調整可能。

このような特典を使って買うことができるので便利です。

理由4.続けやすさ

成長のためにサプリメントを摂る場合、継続することが最も大切です。

セノビームは、1袋60粒入りなので、1日あたり2粒

ヨーグルト味なので子どもも食べやすく続けやすいサプリメントです。

どうしても、学校では食べにくい場合、朝と夜に自宅で食べるだけで良いので助かります。

歯が生え揃って噛める年齢から食べても大丈夫。

しかも、薬のように食後食前など、食べ方の指定もなく、いつ食べても大丈夫

そういったところが続けやすいと人気の秘密です。

子どものために、今できることは今からやっておくことが子どもの将来の体のためになりますので早いうちから是非試してください。

セノビーム

セノビームは4回届いたあとに解約が可能

初回購入は80%OFFの1,475円(税別)

続けやすいことが一番の特徴

小学生から高校生まで続けられるサプリメントです

Copyright© 身長HELP , 2019 All Rights Reserved.